忍者ブログ
オタクサイト「笑ウ門」のオタク管理人ヲユキのオランダ生活的オタク日記です。
[608]  [607]  [606]  [605]  [604]  [603]  [602]  [601]  [600]  [599]  [598
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近見た映画たちのネタバレにならない程度に感想。
3Dだと腰が重くなるのでまた全部2Dにして欲しい。追加料金1.50ユーロ(約170円)だけどなー。


「カレンダー・ガール」

イギリスの片田舎に済む主婦達。一人は夫を白血病でなくし、一人は退屈な暮らしを打開すべく、また一人は愛する夫の出張続きでやきもき、そんな中婦人会高齢のカレンダーを自分たちのヌード写真で作ろうと立ち上がる。
「あっという間に盛りを過ぎるけど、それでも見事に咲き誇る」女性達のカッコいい、そして可愛らしい映画。
カレンダーのヌードで普通に家事してる写真が一々可愛い。
ヘレン・ミレン上手いなあ。ロン・ママも綺麗です。
女性は幾つになっても女でありだから綺麗なのだ。
凹まされても立ち直りの早さはさすが!!母ちゃんは強い!
あと妻想いのミスター1月氏が素敵だった。

「君に読む物語」

老人ホームで暮らす女性の元に現れる「本を読む人」。彼が語るのはアメリカの田舎の勤労青年とその街をバカンスで訪れた令嬢の恋の話。身分違いから一度はお互いに別れを決め別々の道を行くも、青年の一途な愛が二人の運命を大きく変える。
おじいちゃんおばあちゃんが凄く綺麗。表情に滲む経験の深さかな。

ストーカー一歩手前な愛なのに、人生の最後まで貫き通したところに感動しました。
青年ノアが「マイティソー」のロキさんかと思ったら他人のそら似だったwwwごめん、勝手に盛り上がってしまったよwwww

「いつか晴れた日に」

ジェーン・オースティンの「分別と多感」の映画化。
理知的で常に自制している姉と直情的で感情豊かな妹の恋と挫折と幸福の物語。
恋する人を諦めなければならない苦しさに耐えて耐えて、最後に遂に泣き出すお姉さん(エマ・トンプソン)の演技が凄い。思わず貰い泣きさせられる。
しかし恋敵だったルーシーは本当うざいのでこれも感心する。あの愛想の良さと厚かましさが実に嫌らしい。褒めてますよ?
妹を静かに想う年上の大佐(アラン・リックマン)が素敵です。

これをパロッた「分別と多感と海の怪物」ってあるんだけどあれ何wwwwwww「高慢と偏見とゾンビ」のシリーズらしいけど,海の怪物はどのポジションなのwwww
エドワードだったら読みたい!!人外婚!

「カーズ2」

車だけの車による車のための映画続編。
何か日本が出てくるんですが、凄い分かってらっしゃって笑えた。
アニメ声、変なキャラ、寿司とわさび、そしてウォシュレット。
日本が誇る科学ともてなしの精神の結晶,ウォシュレット。
今回は車主演のスパイ映画でした。よう考えるわー。

「ハングオーバー2」

アメリカが誇るお馬鹿下品映画の傑作,第二弾。
とりあえずお前らはもう酒飲むなwwww
相変わらず下ネタが酷いwwwwww無修正ですからwwww
でもいい脚本だなあと最後まで見て思った。何か最初なんでこいつら付き合ってるんだと思うのに、最後は友情に納得がいく。
「ごく普通のありきたりの人生でありきたりの友達がいいと思うけど、でもそれは僕じゃない」
再登場のあの人がまた弾けてて吹きました。TF3にも出てたねwwww
エンドロールの写真最高!


TF3前売り特典のキューピー超可愛い。
いいなーああいう遊び心とセンスはやはり日本だなあ。
メガ様とスタスクも作って下さい。スタスク可愛いよスタスク。
マイティソーが終わっちゃったなー。ロキ愛おしいよロキ。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[01/22 モヒ]
[11/21 危ない兄さん]
[11/13 危ない兄さん]
[11/13 ジョン スミス]
[04/17 モヒ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ヲユキ
HP:
性別:
女性
職業:
ダメに生きる
趣味:
漫画・旅行・映画・ご飯・チェロ
バーコード
ブログ内検索
Material : ミントBlue 忍者ブログ [PR]